子供の不正咬合 八重歯・叢生

顎と歯の大きさのバランスがよくないことが原因の不正咬合です。

最近は食べるものが柔らかくなった関係上、筋肉の使用が弱く、顎の発育がよくないお子さんが多く見受けられます。

症例1

右上の二番目の歯が一本内側に倒れています。このまま放置すると凸凹がひどくなるだけでなく、上あごの成長も妨げられる可能性があります。また歯ブラシが届きにくく虫歯になりやすい環境なので矯正治療が必要な症例です。

症例2

上の前歯が重なって生えていて、明らかにスペースが不足しています。奥歯を後ろに動かしてスペースをつくり前歯をきれいに並べました。この時期に治療を開始すれば歯を抜かずに治療できる可能性が高くなるよい例です。お子様のデコボコが気になる場合は早めに受診をお勧めします。


子供の矯正一覧に戻る

△ページの先頭に戻る