子供の不正咬合 歯が出てこない

反対側の歯はでているのに一方の歯が出てこない場合は早めの受診が必要です。

放置しておくと出てこれなくなるばかりか、隣の歯の根を溶かしてしまったり悪い影響を及ぼすことがあるからです。

症例1

左上の真ん中の歯が埋もれてでていません。このまま放置すると隣の歯に影響がでるので矯正治療が必要な症例です。埋まっている歯に矯正装置をつけ、奥歯を支えにして少しずつ動かしました。1年ほどで正常な位置に並びることができました。


子供の矯正一覧に戻る

△ページの先頭に戻る