特殊な矯正(歯の移植を利用した矯正治療)

歯の移植とは?

歯の「移植」とは、ご自分の不要な歯を抜いて、その歯を歯の無い部分に植えて再びかめるようにする治療です。移植した歯は矯正治療で動かすことができるのが特徴で、この性質を利用して当院では戦略的に抜歯を行い、他の部位に移植して有効活用する矯正治療を行ってきました。抜いて不要になった歯を有効活用できるなんて最高だと思いませんか?最近はインプラントが主流ですが、インプラントが人工臓器の移植であるのに対し、歯の移植は天然臓器の移植です。体に優しいばかりでなく、“自分の歯のように”ではなく“まさに自分の歯でかめる”のですからこれ以上のことはありません。

利点

欠点

治療の流れ

治療の流れ

  1. 移植床(歯を植えるところ)の準備
  2. 移植する歯の抜歯(植える歯の確保)
  3. 歯の移植
  4. 移植歯の固定(抜けないように隣の歯とつなぎます)
  5. 歯がしっかりくっついたら最後はかぶせます

治療期間は患者さんにもよりますが、約3〜6か月となります。

症例1

症例

▲移植前

症例

▲抜歯後

症例

▲移植後

症例

▲治療終了後

上あごの真ん中の歯(2本)は根が悪く長持ちしない状態なので抜歯することになりました。その部位に矯正治療のため抜歯する歯を移植して有効活用した症例です。最終的に神経の処置を行い差し歯をいれることで綺麗な歯並びになりました。

△ページの先頭に戻る