矯正装置について

矯正装置当院で主として使用する矯正装置を紹介します。

他に多くの種類の矯正装置がありますが、これらは患者さんの症状や年齢によって最適なものを使用していただくこととなります。


セラミックブラケット

セラミックブラケット最近ではセラミックブラケットといって目立ちにくいブラケットが主流となっています。

セラミックは化学的に非常に安定しており、治療期間中に変形変色することはなく、患者さんにも好評です。


もっと目立ちにくい方がよい方へ ホワイトワイヤー

ホワイトワイヤーワイヤーの金属色が気になる方にお勧めです。

ブラケットはセラミック製です。

表側の装置の中ではもっとも目立ちにくいので最近普及しつつあります(ホワイトワイヤーを使用する際は別途料金が発生いたします)。


裏側の矯正

裏側の矯正この装置は裏側矯正(リンガルアプライアンス)といって全く表側から見えない装置です。どうしても見えるのがいやな方にお勧めです。

歯の裏側にすべての装置がつくので、この装置は全く見えないといっても過言ではないと思います。

治療が終わるまで全く気づかれることがなかった、家族にも気づかれなかったという方もいらっしゃいます。

以前は働く女性、見えては困る職業の方が選択されることが多かったのですが、最近は男性で選ばれる方も多くなっています。


マウスピース型矯正装置(インビザライン)

インビザラインマウスピース矯正は、透明に近いマウスピース型の矯正装置を歯に装着して歯並びを矯正する方法です。

一人ひとりの歯に合わせて作製される装置(アライナー)を治療の段階に合わせて新しいものに交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。

目立ちにくく発音も阻害されないので自然な感じで矯正治療を行えます。口に入れたときの異和感が少なく、治療開始時の一時的な痛みもほとんどありません。

△ページの先頭に戻る