歯並びの種類と治療例

出っ歯、口が閉じにくい出っ歯、口が閉じにくい

上の歯が前に突き出ているかみ合わせです。
口が閉じにくいため口呼吸になりがちです。

乳歯が残っている時
永久歯列・成人


受け口受け口

乳歯が残っている時期に相談が多い症状の一つです。
下の前歯が上の前歯より前にあるかみ合わせです。

乳歯が残っている時
永久歯列・成人


歯並びがでこぼこ歯並びがでこぼこ

顎が小さく歯が大きい場合に多く見られる不正咬合です。
日本人に多く見られるかみあわせです。

乳歯が残っている時
永久歯列・成人


前歯でものがかみ切れない前歯でものがかみ切れない

奥歯はかんでいるのに前歯があたらず隙間がある状態です。
矯正治療で一番治療が難しいといわれています。

乳歯が残っている時
永久歯列・成人


かみ合わせが深いかみ合わせが深い

見た目はあまり悪くないようにみえることもありますが、あごの動きが制限される場合もあり治療が必要なかみ合わせです。

永久歯列期の矯正 過蓋咬合


すきっ歯すきっ歯

舌を出す癖などがあると歯と歯の間に隙間ができます。
見た目、発音の問題をかかえていることが多い症例です。
乳歯の時期はさほど大きな問題にはなりません。

永久歯列期の矯正 空隙歯列


歯が生えてこない歯が生えてこない

歯が出てこない場合、お子様ご自身が気づくことはほとんどありません。
一度歯科医院にて検査することをお勧めいたします。

子供の不正咬合 歯が出てこない


あごが出ている、曲がっているあごが出ている、曲がっている

上あごと下あごのズレが大きい場合は矯正治療単独では正しいかみあわせをつくることができないので手術が必要になります。

外科的矯正

△ページの先頭に戻る