にいざわ歯科・矯正歯科医院

矯正装置について

ワイヤーを使うものからマウスピース型矯正装置まで。

ライフスタイルに合った装置をお選びください。


歯の表につける装置(セラミックブラケット)

セラミックブラケット

昔から使用されている伝統のある装置です。

歯の表につきますが、昔使われていた金属製の装置に比べると見た目は優れています。

セラミックは化学的に非常に安定しているので変色したり壊れることもありません。

ワイヤーの金属色が気になる方は白色のワイヤーも用意しているのでご相談ください。


歯の裏につける装置(リンガルブラケット)

リンガルブラケット

歯の裏側に装置がつくので気づかれることなく矯正治療を行えます。

治療期間も歯の表につける装置とかわりません。

装置もかなり小さくなったので異和感も少なくなりました。

当院では上あごは裏側、下あごは表側に装置をつける治療法もご選択いただけます。


マウスピース型矯正装置(インビザライン)

インビザライン

マウスピース矯正は、透明に近いマウスピース型の矯正装置を歯に装着して歯並びを矯正する方法です。

患者さんの歯に合わせて作製される装置(アライナー)を約2週間毎に新しいものに交換しながら歯を動かします。

目立ちにくく装着時の異和感が少ないのも特徴です。

(完成物薬機法対象外の矯正装置であり医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります)



金沢市 にいざわ歯科・矯正歯科医院

スタッフブログ


電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ


住所 石川県金沢市泉が丘2丁目9-1
駐車場 全11台

診療時間


ページの先頭へ