裏側の矯正

見えない矯正装置で治療してみませんか?

舌側矯正歯並びを治したいけど装置が見えるのがイヤだ、と矯正治療を敬遠している方は多いのではないでしょうか。そこでお勧めなのが、歯の裏側に装置をつけて歯並びをキレイにする、舌側(ぜっそく)矯正・裏側矯正です。

装置を付けたときの顔の印象がまったく変わらないため、最近では多くの患者さんが利用しています。中には「家族でさえも打ち明けるまで気づかなかった」という患者さんもいるほどです。ですから、営業や接客業など人前に立つ仕事に就いている方も安心して矯正にトライできます。

こんな方にオススメ

職業柄、矯正装置を見えないようにしたい方へ

他の矯正装置と違い、周囲から見えないことが最大のメリットです。矯正治療中の装置の厚みによる口元のつっぱり感もなく、ごく自然に矯正治療を行えます。接客業や芸能関係、モデルなど職業的に審美性を求められる方や、就職活動を予定している方などにお勧めです。

お手入れが簡単で、なおかつ矯正装置が見えないようにしたい方へ

歯の表側に矯正装置をつけると虫歯リスクが高まりますが、裏側矯正装置であればそのリスクは軽減できます。裏側矯正治療は唾液がまわりやすいため虫歯になりにくいといわれています。

ただし、表側の矯正にくらべると、治療費用が割高です。また症例によっては治療期間が表側矯正治療より長くなる場合があります。また、個人差がありますが、発音の異和感や痛みに慣れるのに時間がかかることもあります。

症例1 凹凸の歯並び(叢生)

 

治療前

治療前

治療後

治療後

 
 

治療前

治療前

治療中

治療中

治療後

治療後

 

治療しているのを気づかれたくない場合は裏側の装置をお勧めします。歯の裏側に装置がつくので気づかれることがありません。装置自体もかなり小さくなっているので不快感も少なくなりました。

△ページの先頭に戻る